--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.28

キャラソン感想など

今までは攻略サイトはほとんど見てなかったのですが、取り忘れたイベントとスチルなど、攻略サイトを参考に拾いに行ってきました。
セーブしてあるデータを使ったのだけど、また一通り全員のエンディングを見る羽目に。金澤先生、冬海ちゃん以外のキャラソンを聞きました。
個人的には志水くんの素直な歌い方が好きです。かわいい。歌としてはうまいのか微妙?ですが。
月森くんはカラオケ嫌いって言ってたけど、あんた、歌うますぎ!カラオケ嫌いとか言って、家で密かに練習してないか?(笑)
加地くんの声優さんは声が甘くて透明感があって綺麗。聞き惚れました。この声優さんの声、最初はなんとも思わなかったけど、演技が絶妙で好きになったかも。
柚木先輩の声も最初は「別に…」だったけど、ゲームするうちにあの使い分けの演技がすごくて好きになりました。
キャラソンはあんまり…だったかな??
火原先輩の声はかわいい!声優さんっぽくない自然な感じが好きです。
土浦くんは歌ってるときは全然声が違っていて、思っていたより女の子っぽい感じであんまり…かも。
それぞれの声優さんファンの方が見てたら、勝手なことを言ってスミマセン。個人の感想です。
演技としては、ほんとどの方もうまくてさすがプロだなーと思いました。

ネットで「アンコール」について検索していたら、楽天で安い中古を発見。ポイント使ったら1800円で買えたので、ポチッといっちゃいました。
とりあえず、出来る限りスチルとかイベントとか埋めて、その後アンコールをプレイしたいと思ってます。
根気のない私は乙女ゲームでフルコンプリートしたことがありません。
比較的簡単なこのゲームでも、フルコンプは目指せそうにないので、ある程度埋めたら、「アンコール」をやっちゃおうかな。
加地くん、火原くんと恋人状態で始められるらしいし。。。それ魅力的すぎ。
以下、ネタバレ






攻略サイトのおかげで、主人公のスチルとイベントはコンプリート。
フルコンプしたい気もあるけど、結構大変なので、好きなキャラ、加地、火原、柚木、月森、だけはイベントコンプリートしようかな。
スチルは、既に加地、柚木はコンプリート済。火原の差分、月森の2イベントを次回狙おうと思います。

加地以外のメイン男性キャラは、エンディングを見た後に「はじめから」でプレイを始めると最初にそれぞれのおまけイベントが見られるのです。
それを知らなくて今まで見たことがなかったんだけど、今日せっせとそれぞれのEDを見て、せっせと初めからやってセーブ、、と繰り返してすべて見ました。
これによって見られるスチルがいくつかあるので、攻略サイト見なければ気づかないひともいるかも。
火原先輩のはやっぱりかわいかったです。

あとは音楽のコンプリート。
コンサートで演奏した曲しかカウントされないので、また10曲残ってるから、あと3周くらいしないとダメかも。
なので、諦めました。
スポンサーサイト

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.03.27

4周目。月森連鎖ED、土浦、柚木普通ED

4周目、「やさしい」モードでプレイ終了。二周目の第一回コンサート後のデータをリロードして、月森くんの恋愛連鎖ED、初攻略の土浦くん、3周目で恋愛連鎖ED済みの柚木先輩、の普通EDを見ました。
これで一通り攻略したので、好きなキャラクター順、発表。

1位 加地くん、火原先輩  どちらも甲乙つけがたく、同率1位にしました。

2位 柚木先輩

3位 月森くん

4位 志水くん

5位 土浦くん

6位 冬海ちゃん、金澤先生

7位 王崎先輩

天羽ちゃんは攻略対象になってないので、はずしました。



全員コンプリートすると見られる「スペシャル」が良かったです。感動しちゃった。音楽の力は素晴らしい~!

追加ディスク?の「金色のコルダ2 アンコール」は当初買うつもりはまーったくなかったんだけど、加地くん、火原先輩にトキメキまくってしまったので、このゲームをもう少しやったら買おうかな~と思ってます。
でも、「ときメモGS」の新作も夏に出るそうなので…その後かなぁ?

あー、英検準一級受けるとか言ってたのはどーなったんだよ→自分
以下、好きなキャラについて詳しく。ネタばれあり。





1位 加地くん、火原先輩

前作では、火原先輩だけ圧倒的に好きだったんだけど、加地くんは超えたかも?
加地くんの、主人公に対するまっすぐな一途さが切なくて。。。気持ちをあんまり押しつけてこないのも好感度高い。
フィールド上で放っておくと、加地くんのキャラが自然に主人公の近くに歩いてくるのです。こんなところまで芸細かいぞ。
ホント、主人公が好きで、好きで、いつも最優先で。。。
実生活でここまでひとから想われることってなかなかないし、もしもあったら「ストーカー」容疑?って感じかも、だけど、フィクションの中だとただただ嬉しく、お姫様気分が味わえました
前にも書いたけど、いつどこにいても主人公を助けてくれるヒーローなとこもいい。池に落ちるイベントと、保健室に運んでくれるイベントは萌え

「スペシャル」のバレンタインのやつ(男性主要キャラ全員攻略すると見られる)で、逆にチョコをくれようとする加地くんが切なすぎ。そして、主人公からもらって、驚き喜ぶ姿がいい。。。誰かのレビューで加地くんの「報われない感」がいい、って書いてたけど、ホントその通りだと想います。


火原先輩は、本当に明るくてまっすぐで素直でかわいい
まっすぐすぎて、壁にぶちあたってすぐ凹むのも等身大で好き。
かわいくてなぐさめてあげたくなる感じが母性本能をくすぐります。
いつもどこでも、主人公にどこまでもやさしく、そして誰にでもやさしいんだよねー。
連鎖ルートのCM出演で悩んで主人公の前で凹むイベント(スチルあり)が良かったです♪

加地くん、火原先輩といい、私はやさしい言葉に飢えているようです
どうして現実社会では、ぶっきらぼうで強気な土浦くんタイプと結婚してしまったんだろう(笑)


2位 柚木先輩

前作ではあまり興味なかったのですが…あの長髪がなんとなくイヤで。
でも、今作であのなんともいえない味にハマりました。実はマゾっけがあったのかも>自分。誰かに振り回されたい願望があるのかもね。
普通EDのときの、クルージングと、誰も知らない場所へ、、かな、あのイベント(両方ともスチルありの)が良かったです。柚木先輩、高校生とは思えぬ落ち着きぶり。

進路について、加地くんにキツイ一言を言われ喧嘩しちゃうイベントも良かった。
加地くんの意見はごもっとも!堂々と言えるところがまたいいなぁ。
まぁ、そうできない性格の柚木先輩も分かりますが。

あと好きなイベントは、火原先輩がCMについての秘密をばらそうとすると、しかりつけるやつ。
ホント、火原先輩は子供すぎだね。がつんと言われて、ビックリしてる火原先輩が面白かったです。あっぱれ、柚木。

冷たく突き放されて、急にやさしくなる感じがとっても萌えです。キュンとします。


3位 月森くん

ホント、音楽一筋、真面目な月森くん。そんな彼が主人公に対してだけ、やさしかったりするのがいい。
通常ED、連鎖ED、両方プレイしたけど、連鎖EDの方が、留学して離れてしまうことへの葛藤が見えて、良かったです。
二人の共通の目的、音楽で結ばれる二人。。いいなぁ、そういうの。ちょっと、「のだめ」の先輩とのだめの関係みたいな。

でも、私は根性無しなので、、、褒められて伸びるタイプなので、、、もっとガンガン甘い言葉を吐いてくれる加地くん、火原先輩になびきがち、かな。

4位 志水くん

あの話し方の遅さに苛ついたけど、、、仲良くなると、少し話す速度が速くなります。
そして、あの屈託のない笑顔がかわいいー。
天才タイプで、音楽に夢中な天然ちゃん。弟っぽくてかわいいです。
彼にも辛いこととかあるんでしょうかね。次は恋愛連鎖EDに挑戦してみようっかな。


5位 土浦くん

男っぽくて責任感があって、いつも堂々としてる土浦くん。ぶっきらぼうで少しキツイのが、好きなひとには好きなんだと思う。
褒められて伸びる私には、やっぱり無理かもー。ダメ女の私には、一緒にいたらいつも怒られてしまいそう。
でも、いちばん普通にいそうな高校生だよね。まっ、スポーツ万能サッカー選手で、ピアノの腕もすごい、、なんてそうそういないか(笑)

ごくたまに甘い言葉を言ってくれるのが、いいですね。


冬海ちゃん、金澤先生は普通でした。感想は前回書いたとおりです。王崎先輩はいい人すぎて、たびたび来るメールがちょっとうざいっす。
ゴメンなさい。。
天羽ちゃんに誕生日のプレゼントを渡すことを提案されても「興味ない」って言っちゃった。


次は、志水くんの連鎖EDを途中データをリロードしてやってみようかな。

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.03.21

3周目終了。月森、志水、冬海、金澤先生、火原連鎖ED

3周目、「ふつう」モードでプレイして、月森、志水、冬海、金澤先生の普通ED、火原先輩の連鎖EDを無事攻略しました。
月森くんはこのゲームでのメイン王子なんだけど、私にはあまりトキメキませんでした。声が確かときメモDS2の真嶋くんなんだよね?あの気障っちいいけ好かない姿が頭をよぎってしまい、気が散りました。
私にはこの声はあまり好きではないみたい。
志水くんは、最初全然興味がなかったけど、攻略していくうちにかわいいな~と思うようになりました。
冬海ちゃんも話し方遅くて、苛ついてしまってたけど、攻略すると愛着湧いたかな。
金澤先生もまぁまぁ。思ったより良かったかな。

以下、ネタバレ






今まで「やさしい」モードでプレイしてたので、最初は結構辛く感じました。後々のためにアイテムを使わず地道に練習。
始めたときは、月森くんの連鎖ED、志水くんの通常EDを狙ってたのに、気づいたら火原くんの連鎖イベントが進んでいて、他のキャラのは発生不可に!!
まめにヒントを見るべきだった。。。
ショックだったけど、「こうなったら火原くんの恋愛連鎖EDも同時攻略よっ!」と火原くんの親密度も徐々に高めて…
金澤先生もうまくいけばED見られるかな、、と3又狙いだったのですが、最後のコンサートの前半で月森、志水、火原、金澤先生の親密度が高くなり、このまま行けば大丈夫そう、ってことで欲張って、冬海ちゃんのEDも目指してみました。
この辺りは親密度2倍になる赤いリボンを買いまくり使いまくり。
結果、冬海ちゃんの友情ハートはコンサートの数日前に埋まり、一気に5人のEDをゲットすることができました。

朝は月森くんと登校し、帰りは火原先輩と帰宅。志水くんに誘われて、月森くんの登校を断り、今度は志水くんと登校。
昼休みは金澤先生にいい顔して、男だけかと思いきや、後輩の冬海ちゃんにまでいい顔して。八方美人すぎ。
いやー、主人公って本当に浮気な女。どうしてみんな騙されてるのか??とキャラたちが可哀想になりました(笑)
アイテムのプレゼントでマフラーを贈ると、それぞれのキャラがそのマフラーをしてくれるのですが、数人が集まるイベントが起きると、何人かが主人公がプレゼントしたマフラーをして登場。
一人一人はまさか、同じ女にプレゼントされたなんて知らないんだろうな。。哀れな。。とか思ってる私は変?

一作目でもそうだったけど、私はやっぱり月森くんにはあまり魅力を感じません。
真面目で音楽のことだけ!!でクール。そんな月森くんが主人公を好きになって、、というシナリオですが、どうして主人公を好きになったのかイマイチ理解できないというか。
あまりにも堅物で難攻不落なキャラだけに、簡単に恋に落ちるのが不自然な感じで。
加地くんとか火原くんはもともと主人公に好意的だったので、恋に落ちてもわりと自然で理解できるんだけどね。
あの月森くんが主人公(私?)みたいな普通の女の子を好きになるなんてあり得ない、感じがしてしまうのです。個人的意見だけど。
告白イベントは、音楽の話メインで糖度低め。それもあってあまり萌えませんでした。

志水くんは話すの遅くて一本調子でこっちが眠くなるじゃん!!って思ってたんだけど、笑った顔がカワイイー。
恋に落ちてから主人公に素直に好意を見せるところが可愛らしかった。
でも、告白イベントのセリフはあっさり。糖度低め。志水ファンは物足りないんじゃないかなぁ。

冬海ちゃんはクラスでいろいろあったんだねー。ちょっと可哀想になったよ。
そんな子が音楽を通して乗り越えていく姿は感動的でした。
志水くんと同じく、セリフはスキップしてたけど、きちんと聴くと可愛らしい声だよね。声優さん上手だと思います。
冬海ちゃんを加地くんが励ますんだけど、、、加地くんはしっかりしているねー。惚れ直した。
EDのキャラソンは天羽ちゃんと二人で、でした。二人とも歌うまい。このキャラソンが一番好きかも。

金澤先生は、、、オペラ歌手だったのかぁ。全然そういうイメージなかったからビックリ。
やる気なさげな態度はいろいろあったからだったのね。
告白イベントは、、教師と生徒だからやっぱり糖度低め。でも少しドキッとさせる部分もあり。

火原先輩、連鎖EDは、、、やっぱり火原先輩はかわいいなぁ。
悩んでる姿にときめきました。
ブラック柚木が火原をたしなめるイベントは笑えた~。柚木先輩は良い味出してるね。
告白イベントのセリフは、通常EDの方が萌え度が高いかも。
連鎖EDを見てからでないと、スペシャルのドラマで「コンクールで優勝」っていうのはよく分からないよね。
そういうことだったんだ、と思いました。


残すキャラは、土浦くんのみ。
あまり好きなキャラじゃないのだけど、全員攻略しないと。
4周目は土浦くんと、、、月森くんの連鎖EDを狙ってみようかなぁ。火原先輩と加地くんの埋まってないイベントも埋めてみよう。

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.03.17

2周目:柚木連鎖ED、加地普通ED終了

2周目が終わり、無事に狙ってた柚木先輩の恋愛連鎖ED加地くんの普通EDを見ることができました。
柚木先輩には、火原先輩、加地くんと比べるとそんなに萌えなかったかな。でも、ひたすらやさしい二人と比べると全然違って楽しかったです。
以下、ネタバレ





1作目でもそうだったけど、柚木先輩の二面性が、好きなひとにはたまらないと思います。マゾっ気??がある人には特に。
みんなの前ではやさしくて穏やかで優雅な柚木先輩が、主人公の前では言いたい放題、暴言吐きまくり、主人公をいじめまくり、のブラックでダークな面を見せる、というのが、「私だけの柚木先輩」感を強めてハマるんだろうなー、と思います。客観的に見ると。
後夜祭のダンスは、大事な萌え所?だと思うのだけど、いじめられフェチ??ではない私にはあんまり、、、でした。
でも、ラストの告白シーンはキュンときました。
主人公と柚木先輩が想像したのって、、、やっぱりそういうことだよね?そういうスチルもなかったので、好きなように想像してね、ってことでしょう。

柚木先輩と登下校するときは、車に同乗するんだけど、なんかそれってロマンチックじゃない~!と思ってしまいました。
二人っきりで歩くから、ドキドキうきうきなのであって、車に運転手が乗ってたら、いちゃいちゃもできないじゃん。…って想像しすぎか?

柚木先輩EDを見てのスペシャルミニドラマも、恋愛要素は少なくてちょっと残念。
今のところ、加地くんのが一番ロマンチックだと思います。

加地くん普通EDについては。
やっぱり加地くん好きだなー。
主人公が怪我したら慌てて助けてくれたり、主人公を守るために池に落ちたり、主人公に一途な愛がいいね~。
こんなに誰かから思われてみたいものだわ。
まさに子供の頃に憧れた少女マンガの世界です。
主人公に対してガンガンアプローチしてくるくせに、時々弱気になったりためらったりするのが、また良いんだよね。母性本能をくすぐります。

恋愛連鎖EDも普通EDもエンディングロールの後のスチルはまったく同じで、告白時のセリフのみ違ってました。
キャラにすごく思い入れがなければ、どちらか一つだけ見ればいいかも。
私は、加地くん好きなので、楽しめました。

「やさしい」モードを選ぶと、攻略は結構簡単。
柚木先輩、加地くんとも12月初め頃?には親密度maxになりました。ついでに三人目のキャラもいけそうだったけど、とりあえずやめておきました。

次は、このゲーム上での王子様、月森くんを攻略してみようかと思ってます。ついでに火原先輩の恋愛連鎖EDもやろうかな。
土浦くん、志水くん、冬海ちゃんにはあまり興味がないので、EDのみゲットするため、2周目の途中データからトライしてみようかな。

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.03.11

一回目終了。火原ノーマルED、加地連鎖ED、王崎ED

無事に一回目のエンディングを見ました。
はぁぁぁ… キュン死です

クリスマスコンサートに向けて盛り上がって、そして。
糖度控えめ、なんて私には感じず。すごく甘ーい時間を過ごせました。
昔、誰かに恋してたときの気持ちを思い出しましたよ。
恋愛してる時って、脳内ホルモンのなんとかが出て、お肌が綺麗になって若返るとか言いますが、その意味から言えば、乙女ゲームにもその効能はしっかりあると思います。
昔は、その手のゲームをする人を気味悪がっていましたが、今では私もすっかりキモい人??
いいんです。だって楽しいんだもんっ。

セーブしたデータで、火原、加地、王崎のEDをゲット。
火原先輩、加地くんは、萌えました
加地くんは最初あまり好きじゃなかったんだけど、どんどんハマっていき。。。最後は火原先輩と甲乙つけがたくお気に入りになってしまった。
王崎先輩は。。。ごめんね。せっかくのボイスつきEDなのにスキップしてしまいました。いい人なんだけど、いい人過ぎて、恋とは違うんだよね。どこか欠点や陰がある人の方にひかれてしまうのよ。
EDを見ると、「想い出」に「スペシャル」というボイス付きミニイベントが追加されるんだけど、これがね、もうたまらなく萌え~~でした。はい。
特に加地くんの。二回も見ちゃったよ。はー。

恋愛方面も良かったけど、本筋の音楽。
これに関しても良かったです。コルダの音楽は本当にいい。クリスマスコンサートでは、音楽のすばらしさを実感して、感動しました。

以下、ネタばれ。




火原先輩狙いだったのに、途中で加地くんにフラッとして、ついデートを重ねたり、下校してしまったので、そのせいで見られなかったミニイベントがたくさんあったんじゃないかと思います。
まぁ、そのおかげで加地くんとも恋愛が進行し、そっちの方で連鎖イベントが進行してしまい、火原先輩との連鎖EDは見られず。加地くんとの連鎖EDとなりました。(誰か一人、いちばん早く連鎖イベントが先に進んでしまうと、他の人の連鎖イベントは進行しなくなり、連鎖EDは見られなくなってしまう)

火原先輩は、本当にまっすぐで素直な人。誰にでも分け隔てなくやさしくて、でも全然偉そうなところがなくて。
コルダの中で一番性格がいいキャラクターだと思います。
そんな彼が、主人公を好きになって、慌てたり焦ったりする姿がまたかわいくて。
親友の柚木先輩が、主人公に「火原の気持ち、分かってるのか?」と釘を刺しに来るイベント、良かったです。
EDは直接的な「好き」とか「愛してる」はなかったけど、さわやかで良かったです。「(反転させてください)もう一歩近づかせて」はさすがやさしい火原先輩。相手を思いやって、少しずつ距離を縮めていくんだね。先輩らしい。

加地くんの連鎖EDは。
連鎖EDの方が、キャラの隠された悩みや心情が語られて、それが解決していく流れなので、火原くんの普通EDより深くて感動しました。(でも加地くんの普通EDを見てないのでホントにそうなのか分からないけど。ただ単に加地くんだから?)
加地くんの告白で(反転させてね)リリが見えるようになるのも感動的でした。良かったね。

Amazonレビューでは「糖度控えめ」と書かれてたけど、一作目と比べたら、砂糖が3倍くらいに足されたくらい私には甘かったです。
確かに、「ときメモGS」みたくEDのキスとかはないし、「愛してる」とか泣いちゃったりはないけど…
音楽という共通の趣味を通した深い告白になってるから、いろんなことを想像させる展開で、そういう意味ではすごく浸れるEDだと思います。

EDのキャラソンは。。。これもAmazonで酷評されてたけど。
私は既に知ってたので、そういうものと思って聴いたのでそれほど抵抗はなかったです。確かにクラッシック音楽でしめて欲しかった気もするけど、クリスマスコンサートで第九を演奏しての大団円があるので、それがある意味エンディング曲ともいえるしね。

キャラソンの感想は。
声優さんって声が綺麗だから、歌もうまい人おおいですね~。
火原先輩、加地くん、どっちともうまかった。王崎先輩はちょっと微妙かな?
火原先輩の声は、「ときメモGS2」の佐伯瑛なんですよね。明るく天然になった佐伯、と思えば思えなくもない?
少年っぽさを残した甘い声ですごく好きです。
加地くんの声は最初はそれほど。。。だったけど、ちょっと生意気で斜に構えた感じがうまく出ていて、好きになったかも?wikiってみたら、ライブ活動とかもしてるんですね。俳優さんでもあるのか。でも、声優さんは顔を見ちゃうと、頭の中のイメージが変わっちゃうので、それは嫌かも。

ED後のお楽しみ、「スペシャル」っていうのがあって、そのボイス付きイベントがすごーーーく良かったです。
本編後のミニドラマなんだけど、すごく萌えるシチュエーションで。
火原先輩は、やっぱりすごくかわいくて。
そして、加地くんは、、、寄り添って港で星を見ながらカウントダウンですか。ああ、キュン死
名前を原作マンガの主人公「日野香穂子」にすると、名前を呼んでくれるんだけど、本名でやるより、こっちの方が声つきでよりときめくかも。「香穂子」のとこだけ、自分の名前に脳内変換(笑)

クリスマスコンサートは、純粋に感動しました。
みんなで頑張って成功して、リリの魔法の力も戻って。ほんと、よかったーって。
「We wish you a merry Christmas」の曲がクリスマス気分を盛り上げて、いい感じなんですよ。で、最後に第九。
音楽っていいなぁ、って真面目に思ってしまいました。

さて、2周目は…
ホントは火原くんの連鎖EDを見たいけど、それはまたあとのお楽しみに取っておいて、加地くんの普通EDと、柚木先輩を攻略してみようかと思ってます。
しかし、このゲーム、普通の乙女ゲーと違って、ただ選択肢を選ぶだけじゃないので、一周終わるのにすごく時間がかかるんです。だから、じっくりやっていくつもり。
あー、叶うことなら24時間ゲームしていたいよ

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.03.10

クリスマスコンサートまであと8日

ああもう…キュン死にしそうです。
火原先輩と加地くんが素敵すぎて、バーチャルで恋におちました
中盤までは 火原>加地 だったのに、加地くんの一途さに陥落しそう。
今は 火原=加地 かな。火原くんが出てくれば、「やっぱり火原くんの方が」と思い、加地くんが出てくれば「加地くんの方が」と思い…
一時期は朝、火原くんと登校して、帰りは加地くんと帰ってました。
でも、火原くんに帰りも誘われて、なくなく断りました。その後の加地くんの反応が…また切ない。ごめんなさい。
とりあえず一周目は、火原くん狙いなので、初志貫徹。2周目まで待っていてね、加地くん。

Amazonのレビューでは、1作目より悪い評価なんだけど、私は2作目、好きです。実際、きゅんきゅんしまくってるし。あはは。
音楽ゲームとしては、1作目のほうが充実感があったけど、恋愛ゲームとしては、あっさりしすぎて、素っ気なかったよね。ひたすら音楽を極めるのに勤しむゲームにちょっと恋愛要素というかんじで、そこが面白くもあったんだけど。
2作目は、恋愛ゲームとしてはかなり良くできていると思います。
男の子キャラたちが主人公を好きになっていく課程が丁寧に描かれてるから、ホントに高校生に戻って恋愛して青春している気分になれる感じ。
また、Amazonレビューで、「糖度控えめ」と書いてる人多かったけど、私にはじゅうぶん糖度高いと思えます。
まだED見てないから分からないけど、たぶん「愛してる」とかの言葉とか、キスとかがないからなのかな、と。
私は逆に、「ときメモGS」の告白シーンで「愛してる」とか言われると、えっ、告白されたばかりで、そこまで言われても…ちょっと重い、って思ってたから、コルダ2みたいなさわやかな甘さの方が実際の高校生っぽくて自然な気がします。
いや、現代の高校生は「ときメモGS」よりもっと過激なのかな(笑)

あと、やっぱり音楽がいい!全部オーケストラの曲だしね。「金色のコルダ」のテーマ、さわやかで切なくて好きだなぁ。

以下、ネタバレ




1作目をプレイしたのは相当前なので、すっかり忘れてたんだけど、このゲーム、好きな人と登校したり帰宅したりできたんだったね。
まず加地くんに帰宅を誘われてOKしたんだけど、これが発生したのが12月初め。火原くんに登校、帰宅を誘われたのが12/15でした。
本当は、最初の頃からうまく調整すれば、もっと早く一緒に登校帰宅できるのかな?
一周目は純粋に攻略サイトとか見ずにプレイしたいので、分かりません。

攻略サイトを見ずゲーム内のヒントだけ見てプレイしてるので、たぶん効率は悪いと思うのだけど、そのぶん自由にできて、本当に恋愛してる気分になるっていうか。
でも、スチル集めやイベントを全部見て行くには、攻略サイトのお世話にならないといけないんだよね。乙女ゲームはそういうのがちょっとめんどい。

火原くんは、裏表がなくて素直で、主人公にもやさしくて、詐欺にあったらどうしよう?と心配したくなるほど、性格がいいんだよね。
まっすぐでそこが時々脆かったりして、かわいいなぁ。
加地くんは、主人公をあがめ奉りまくりで、「そこまで言うか」と思うほど、主人公に美辞麗句を述べてくれるんだけど、いつも一途で主人公が一番!ってところが一貫してるから、なんか憎めなくて、冷たくできない。
主人公に冷たくされると、すっごく落ち込むところとか、、、なんか母性本能をくすぐられます。
実際にこんな男がいたら、ちょっと怖いけどね。まぁ、二次元でかつ超ハンサムだから許されるのかもな。

12/15からは「We wish you a merry Christmas」って曲、題名知らない、にバックミュージック?が変わるんだけど、クリスマス気分がもりあがっていい感じ。
朝も帰りも、火原くんと一緒でラブラブだしね♪

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.03.09

火原と文化祭のワルツ

金色のコルダ2、進んでます。今は3回目のコンサートが終わり、火原くんと後夜祭でワルツ踊っちゃいました。
コンサートの評価はSS。彩華、清麗、愁情の三曲を完成度100以上、全員習熟度100(主人公は97くらい)で演奏したら、ボーナスがついたようです。ちなみに1,2回目はS評価でした。

文化祭の初日のデータをセーブして、同時攻略を目指している加地くんを初日の文化祭巡りに誘ってみたら、星占いのイベントが。ときめくなぁー。
でも、後夜祭では誘ってくれませんでした。誘ってもらうには、親密度がもっと高くないといけないのかな?一番親密度が高いキャラとってこと?
火原くんとは既に親密度1000でマックスになっています。

ワルツの最中はスチルとともに、ボイスありのながーいセリフがあってときめきどころ、ですね。ここは。
火原くんは慌てちゃって、あんまりロマンチックなことを言ってくれなかったけど、終わってから一緒に帰るときがかわいかったかな。

「やさしい」モードでプレイして、たまったBPでアイテム買いまくりでパラメータも上げまくっているので、いろんなキャラとどんどん親密度が上がってイベントが起きてます。
1作目ではあまり好きじゃなかった柚木くん。。。裏表が激しくて、声優さんのその演技が絶妙。結構すきかも??
1作目でもあんまり、、、だった、土浦、志水、は相変わらずあまりときめかず。
何より、王崎先輩には全くと言っていいほどときめきません。性格良すぎて、私には「いい人」で終わってしまう。
たびたび来るウィーンからのメールも、読むのも面倒で実は切ってしまいたいんだけど、ゲーム的にスチル集めなどのため、とりあえず正解の選択肢を選んでいます。←ひどい女かも。

1作目はハマれるキャラが火原くんしかいなくて、そこがちょっと不満でしたが、2作目は加地くんも結構すきだし、柚木先輩もなにげにいいかも?
2週目に攻略してみよう。

しかし。一周にかかる時間が長すぎるかな。今のところは楽しくて全然飽きないけど、2週目とかだらだらしたように感じるのかなぁ。

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.03.07

「金色のコルダ2」を買いました。

久しぶりの更新です。
ゲームはDSで「ドラクエ9」をずっとやっていました。すれ違い通信が楽しくて、新しい地図をゲットして宝の地図探検ばかりしていました。
でも、「ときメモGS3」が発売をされるのを知ってから、なんとなく乙女ゲームが懐かしくなっちゃって、「金色のコルダ2」をamazonでポチッと注文してしまった。
「金色のコルダ」の一作目はすごく好きで何度もプレイしたんだけど、2作目は確か私が海外にすんでた頃に発売され、その後出産などもあり、ゲームどころではなく、プレイする機会がなく。
三作目が最近発売されたみたいで、それに従って2作目の廉価版が発売されたのでそれを買ってみました。

ひっさしぶりにPS2でゲームしました。最近は子供のしまじろうDVDを見るのにしか使ってなかった。
うーん、DSと比べると電源入れて、しまってあるコントローラーを出して、子供昼寝中にやるのでイヤホンつけて、、とプレイするまでちょっと面倒。
でも大きな画面で、いい音で聞けるのはやっぱりいいね。特にこのゲームはクラッシック音楽ものなので、いい音でないとね。
「金色のコルダ」のテーマ曲がすっごく懐かしい~。
この曲、ゆったりしてやさしくて、うきうきして清らかで。。。良い曲だー。このテーマ曲のようにさわやかでやさしく、清らかなゲームだったなぁ、一作目は。
恋愛ゲームとしては恋愛イベントが少ないんだけど、そこがさわやかで青春っぽくて好きだったなぁ。

さて、2作目は。
今のところ、一作目のさわやかでゆったりした雰囲気もあり、恋愛イベントが増えた感じ。好きな男の子と二人で練習したり、週末練習デートしたり。あー、青春。
今は2回目のコンサートの前日までやりました。
初めてプレイする時はいつものとおり、攻略本などは見ずにやっていますが、親切なことに男の子攻略ヒントがちゃんと見られるようになってるし、その他のいろいろな情報もゲーム中できちんと説明してくれるのでやりやすいです。
難度の高いものを攻略することに喜びを感じるゲーマーには、ちょっと物足りないかも?
私は、このゲームにはそれはあまり求めてないので、今のところ満足です。

私のお目当ては火原くん。一作目ではいちばんお気に入りキャラでした。明るくて屈託がないタイプでそこがかわいい
週末の練習デートでプリクラを一緒に取る二人。近づきすぎてうろたえるのが萌え

コンサートを成功させようとすると、アンサンブル参加者を増やす関係で他の男性キャラとも仲良くならざるを得ず。。(まだシステムがいまいち分かってないので、もしかしたらそうしない方がいい、とかあるのかも??)
柚木、土浦、金澤先生、加地くん、などとも仲良くなってしまいました。
この文を読んで分かるとおり、一人だけ「くん」づけしている新キャラ、加地くんも結構好きです。
主人公に憧れて星奏学院に転校してきた男の子。主人公に歯が浮くような賛美の言葉を浴びさせまくってくれるところが、「これぞ乙女ゲー」って感じでイイです

しかし、男性キャラはみんな美麗で、、、当たり前だけど、実際にこんなビジュアルの男性いるわけないよなー。ホント少女マンガの世界だよな。
と、我に返ったりして。

さて、今夜も子供が寝たら、ゲームがんばるぞ。
このゲーム、音楽のすばらしさをしみじみ感じる良作だと思います。

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

プロフィール

Yucca

Author:Yucca
アラフォー二児の母、Yuccaです。子供が寝た後にやるゲームが至福の時間。
好きなゲームは、「ドラクエシリーズ」「トルネコ不思議のダンジョン」「ゼルダの伝説」、「アトリエ」シリーズ、「牧場物語」シリーズ、「金色のコルダシリーズ」「ときメモGirl's Sideシリーズ」など。
「ときメモGSシリーズ」では姫条くん、若王子先生、琉夏がお気に入りキャラです♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
三国恋戦記~オトメの兵法!~ ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。