--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.12

4周目:月森引継恋愛ED、火原、吉羅通常恋愛ED

月森くんの引継EDを見ました。
なんだか感動してしまいました。。。詳しくはネタバレで。
そして、火原先輩、吉羅理事長の普通恋愛ED。
火原先輩のは、萌え度は低めだったけど、相変わらずかわいかったです♪
吉羅理事長のEDも萌え度低めですが、私はあのストイック?な感じの終わり方が結構好きかも。

とりあえず、
月森、柚木、火原、加地の引継恋愛ED、通常恋愛ED
冬海、王崎、金澤、吉羅の通常恋愛ED
を見たので、
残るは、
土浦、志水の引継恋愛ED。
どちらも好きなキャラクターではないので、時間があるときにぼちぼちやっていこうかと思います。
寝食忘れてゲーム三昧な日々も一段落、かな?

一応「アンコール」をプレイしてみての好きなキャラランキングってことで。

1位 加地くん

「コルダ2」のときは、火原先輩と同点一位にしたけど、やっぱり加地くんの方が好きみたいです。
「アンコール」が届いて真っ先にプレイしたのが加地くんの引継恋愛EDだったし。
見かけは超ハンサム、長身、家は金持ち(親が代議士)、スポーツ万能、性格も明るく人気者。
なのに、どうしてか、主人公のことが大好き。
主人公の気持ちなんてお構いなしに(笑)「好き好き」言いまくる加地くん…
文学好きなので、聞いていて恥ずかしくなるような言葉を駆使してとにかく、主人公を褒めまくる加地くん…
現実にいたら、「ストーカー」扱いされちゃうかも、だけど、その偏ってる感がなんだか切なくて、かわいくて、好き
あのやさしくて甘い声がまたイイのです。
宮野真守さんのファンになってしまいました。他にもいろんなキャラの声をあててるけど、やっぱりちょっと加地くんとは違う。
加地くんの暴走する?偏ったキャラクターに、あの甘い声がピッタリ合っているんだよなぁ。
加地くんの声が聞きたいので、コルダのアニメDVDでも借りてこようかと思ってます。。。
…ってな感じで、かなりハマりました!


2位 火原先輩

一作目では火原先輩がいちばん好きでしたが、加地くんが抜いちゃった。
でも、火原先輩も好きです。
あの素直でまっすぐなところが、とってもカワイイ。そばについていてあげたくなる感じですよね。年上なのにさ。
火原先輩的には主人公を守ってあげたいみたいだけど、頑張って空回りなところもまたカワイイです。


3位 柚木先輩

引継恋愛ルートが良かったです。他のキャラより糖度高め。ドキドキしました。
表の顔と裏の顔のギャップを演じ分ける声優さんはすごい…
「おまえ」ってきついこと言われると、萌えている自分がいたりして。
自分だけ、本当の相手を知ってる、っていうのも萌えポイントだね。


4位 月森くん

本当に音楽バカで、不器用で…でもそこまで夢中になれるものを持っている人はすばらしい。
まぁ、本気で音楽の世界でトップを目指すなら、月森くんくらいにならないと難しいだろうけどね。


5位 吉羅理事長

一人だけ大人で、加地くんとは正反対、主人公に甘くないところが、それはそれで素敵。


6位 冬海ちゃん、金澤先生

冬海ちゃんの友情ED、感動でした。冬海ちゃんの特別テーマが好きなので、あの曲かかるとぐっときます。
金澤先生もオッサンはいってるけど、大人の魅力、かな。


7位 土浦くん、志水くん、王崎先輩

コルダのキャラはみんないい人で、嫌いな人は一人もいません。それぞれ、魅力的だと思うけど。
恋愛的に見ると、この三人にはときめきませんでした。



…って感じです。
ネタバレで書こうと思ったら時間がないので、今日はここまで。
スポンサーサイト

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.04.10

3周目:柚木引継ED、土浦、金澤、王崎通常恋愛ED

やばい…
寝食忘れるほど、このゲームに夢中になってます。日常生活に影響が出すぎる前にセーブしないといけないかなぁ~などと、考えてしまいました。
私は、「熱しやすく冷めやすい」性格で、いったん夢中になるとそれしか見えなくなる性格のため、子供が生まれてから最近までゲームをセーブしてたんだけど…
ここのとこ、「コルダ2」「アンコール」と入手して、暇さえあれば、ゲームに熱中。ゲームしてないときも、ゲームのこと考えるようになり、睡眠時間を削ってゲームしてるので、朝起きられないしー。
とりあえずメインのキャラクターのEDは見たので、あとはのんびり…やっていくつもりです。
…とか言いながら、熱し始めたらなかなか止まらないんだけど。

まぁ、そんなことはどうでもよく。
柚木先輩の引継EDを見ました。
きゃぁぁぁーー
柚木先輩、やっぱりスキかも?
もう、ドキドキきゅんきゅんしまくりました。

土浦くんは…、もともと私のタイプじゃないので、特にときめかず。
でも、ラストのスチルは良かったです。

金澤先生もラストの展開が良かった。でも、いまどき「おまえさん」とか呼ぶひといますかね?
釣りが趣味だし、、、見かけはイケメンだけど、オッサンはいってますね。

王崎先輩は、「コルダ2」のときは「うざい」と思ったこともあったけど、今作では彼の良さが分かりました。
でも、どこまでもとてもいい人だから、私にとっては「お友達」なのです。

今回は、前回より難度が高いモードを選んだので、コンサートの曲練習に時間がかかり、その他のことにあまり手が回らず。
吉羅理事長のEDも狙ってたんですが、ちょっとやること多すぎて無理でした。また次回。

次回は、月森くんの引継ED、吉羅理事長ED狙いでやろうと思ってます。

EDを見た後に見られるスペシャルを見ると、「ああ、もうみんな旅だっていくんだな。このメンバーでのコルダはもう最後なんだな」ってしみじみしてしまいます。
自分が主人公になったかのごとく「いろいろあったなぁー」とか思い返してしまう感覚になるので、そういう意味でも、このゲームはよく出来てるなぁ、と思います。
それぞれのキャラクタについてのシナリオがよくできていて、ゲームなのにキャラの言う言葉に納得して感動したりして。よく作り込まれていると感じます。
たかがゲーム、されどゲーム。
高校生じゃなくなって長時間経つ自分も、高校生のときのキラキラした気持ちを思いだしてしまうような良作ですね。
以下、ネタバレで。






柚木先輩の引継ルートは萌えまくりでした。
多分、アンコールの中で一番糖度が高い展開です。通常恋愛EDのときもドキッとするイベントが多かったんだけど、引継もさらに!
喧嘩していったん離れて、仲直りするのが切ない。「寂しかったよ」とか抱きしめられちゃって、きゃー。ドキドキきゅんきゅんしてテレビの前でニヤニヤ…
最後の展開は鼻血が止まらないようなコトになるかと思ったら、二人で桜を見るというしっとりした終わり方でした。ちょっと期待はずれ?(笑)
柚木先輩、主人公を上から見下ろす余裕のある感じが、イイんだよなぁー。
現実には絶対にいないタイプの人だけど、だからこそ少女マンガを読んでるようで萌えました。
「おまえ」とかあの声で呼ばれると、うっとり…

生徒全員とのEDを見た後に見られるスペシャルがすごく良かったです。
報道部の記事のため、アンサンブルメンバーがインタビュー、写真撮影される展開ですが、「一年間の想い出は?」とかの質問に答えていて、「ああ、もうこれでお終いなんだ…」って寂しくなりました。
コルダの世界にどっぷり浸かって、日常生活にまで支障を来しそうな、ゲーマーアラフォー主婦、自分。
ゲーム会社の思惑通り、ですかね。

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.04.08

2周目:火原先輩引継ED、志水、柚木、加地、冬海、通常ED

萌え死にそう…

火原先輩はかわいいし、柚木先輩のドキッとするようなアプローチ。加地くんは切ないし、冬海ちゃんはけなげ。
一人一人の攻略は簡単だし、お話も短いけど、その分イベントやエンディングのセリフが甘ーーくてすごくいいです!

加地くんのなんとも言えない甘くてやさしい透明感のある声で、愛をささやかれると思わずうっとりしてしまうんだけど…

火原先輩と恋人状態でプレイしてみて、やっぱり火原先輩も、素直でかわいくてスキ
いちばん、普通の高校生らしいキャラクターで(土浦くんもか)、「THE 青春」な展開で、さわやかなストーリーになってました。
頑張りすぎて空回りしちゃったり、自分に自信が持てなかったりする彼のキャラは、等身大な感じで母性本能をくすぐります。

加地くんの通常EDも良かったです。切なすぎる。。。

Amazonのレビューを見たら、いろいろと書かれてたのでそれほど期待してなかったんだけど、私は大満足です。
確かに話は短くて4時間くらいあれば1周終わってしまうし、ゲームとしての内容は「金色のコルダ2」と大して変わらないんだけど、キャラクターたちが好きでこのゲームのシリーズが好きだったら、買って損はないと思います。
(まぁ、私は中古で1800円で買ったからかもしれないけど。。。確かに定価で買ってこの短さだったら肩すかしくった感があるかも?)

今回は「想い出」に「写真集」というのがあって、第一作目からのいろいろなシーンの写真を集めることができます。
見てみたら、「あー、こういうシーンあったなぁ」とか懐かしく思ったりして。
まるで自分もコルダのキャラたちと一緒に学生生活を思い出すみたいに、しみじみしてしまいました。
「金色のコルダ3」ではキャラも一新されたので、この「アンコール」が一作目のキャラでのゲームとしては最後になるわけで。
「ああ、もう彼らには会えないんだなぁ(実際にはゲームすれば何度も会えるけど)」「新しい姿を見れないんだなぁ」と切なくなっちゃいました。

コルダのシリーズはやっぱり良いですね。
みんな音楽に一生懸命で、音楽があっての恋愛、って感じで。高校生のあるべき姿、みたいな。
仲間たちと苦労しながら想い出を作っていくのは、まさに青春。自分の青春時代のキラキラした気持ちを思い出させてくれます。
そして音楽がとてもいい。管弦楽の演奏がゲームを盛り上げます。最後のところでかかるBGMが、これで最後なんだなぁーーって感じの曲で気持ちが盛り上がりました。

一作目では、冬海ちゃんや柚木先輩はどうでもいい存在だったけど、2作目からプレイして好感度あがりました。
冬海ちゃんは、いろいろあって成長して…、今回のストーリーも良かったです。
恋愛もいいけど、友情もいいね。

冬海ちゃんの特別テーマも良い曲ですき。楽器としてはチェロの音が好きで、志水くんの通常テーマが好き。火原先輩の通常、特別テーマも好きだなぁ。

ぐだぐだ書いたけど「金色のコルダ」は良いゲームだなぁ~と改めて感じさせてくれる「アンコール」は、コルダファンにはオススメです!

ネタバレで書く時間がないので、また次回詳しく書きます。

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.04.06

「アンコール」で加地くん引継(恋人状態)ED

「金色のコルダ2 アンコール」が先週金曜日に届きました。メール便のトラッキングをしたら、なぜか持ち戻りされてるもしかしてポストに入らないってこと?だとしたら、明日から出かけるから受け取れなくて、送り主に戻されちゃうって焦って、業者に電話して…
夜の8時頃に持ってきてもらいました。結局は業者の手違いだったんだけど、何度もポスト覗いて疲れた…

その日は夜2時頃までプレイしましたが、終わらず…
「加地くんの声をもっと聞きたい~」と後ろ髪を引かれながらも、夫の実家に帰らなくてはならなかったため、しばらく我慢。
帰宅した夜、最後までプレイしました。

加地く~ん

恋人としてのEDは「金色のコルダ2」よりさらに甘ーーく、とろけそうに萌えましたコルダ史上、いちばん、糖度高めのゲームじゃないかな。

でも。声の感じが変わってるキャラがいて、ちょっと残念でした。加地くんの声も、2のときよりも少しトーンが高めになっていて、あの透明感が薄れてた。
でも2をプレイしてしばらく経ってからやったら、分からないと思うけど。私は連続してプレイしたので、その違いをもろに感じてしまいました。
あと、志水くん。かなり声が変わってました。苦情?が殺到したのか、早口になってましたよ。
以下、加地くんにメロメロのネタバレです。




恋人同士でのスタートなのに、手も握らない加地くん。
口がうまくて、女の子の扱いに慣れてそうなチャラ男キャラなのに、意外と奥手??
その理由は主人公を大切に思ってるから、なのですが。
少しずつ、二人の距離が近づく感じがして、良かったです。
最後はもう、鼻血でそうな展開
口のそばについたソフトクリーム取ってあげるって、やっぱりそういうこと??手で、じゃないよね?

加地くんは、相変わらず主人公を賛美しまくり!で聞いていて恥ずかしくなるほど。
あんなイケメンに「ぼくは君のような素晴らしい人にふさわしくない(うろ覚え)」とか言われてみたい。
とにかく主人公に一途で、「大好き」とか堂々と言いまくり。
私からしたら、あんたみたいなイケメンが、どうしてバイオリンしか取り柄がなさそうな主人公を好きになったのか、分からないよ!って逆に思っちゃった。

週末二人練習時の遊園地とか、普通のデートっぽくて萌えました。
日直で黒板消すとき、届かなくて、加地くんが現れてさっと消してくれるのとか。
あれって、女子が萌えるシチュエーションですよね。自分ができないことをさらっと何事もないようにしてくれちゃう男性に弱いのです。

クリア後のスペシャルは、加地くんのバイオリンコンプレックス?について、でした。
私的には、加地くんが一人で行こうとしていた地方でのコンサートに二人で行くシチュエーションとか、希望してたんだけどな。

そして、悲しいことに。加地くんには写真集がないのですーーー。1からの仲間じゃないから?何度も確認しちゃったよ。自分のゲームCDのバグかと思ったくらい。


加地くんの引継EDと同時に月森くんの普通の恋愛EDも狙って、第2コンサート当日朝のデータをリロードして、見てみました。
月森くんは今回も、「音楽、音楽!!」で、ホント音楽バカだなーと(良い意味でね)。
でも、そのせいでエンディングは「えっ、これだけ?」と糖度が低かったです。
音楽が第一だから、主人公と離ればなれになるのもやむなし。まぁ、それが月森くんのキャラで、音楽家としては立派だと思うけどね。

その呆気なさを、クリア後のスペシャルで埋めていました。
ウィーンで一人暮らしする月森くん。出かけようとすると管理人に呼び止められ、主人公からのエアメールを渡されて。
日本人が管理人なのかー、ってツッコんじゃいけませんね。

まだ高校生。10代の二人にはこれからいろいろなことがあって、最終的に二人が結ばれる確率って現実的に考えたらすっごく低いよなぁ。
月森くんは、オーストリアの美人音楽家と恋におちちゃったり。とか妄想。
でも、「音楽」を大切にする彼は、「音楽」で繋がっている主人公と、いつかまた「音楽」を通して結ばれることを信じている。うーん、ロマンチックだね。とか、しみじみ考えてしまいました。

次は、火原先輩を引継でプレイするつもりです。

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

2010.04.02

5周目 土浦連鎖ED

土浦くんの恋愛連鎖EDを無事に見ることができました。
今回は攻略サイトを見つつやったので、イベントはすべて回収。「難しい」モードでしか見られないイベント一つを残しコンプリート。
ついでに残してしまった、月森、火原のスチル、月森のイベントを回収しました。
「想い出」の音楽も一曲を残してコンプリート。

土浦くん、あまり好きなタイプじゃなかったけど、普通恋愛EDと恋愛連鎖ED、二回もお付き合い??すると、愛着が湧くのか、さわやかで男らしくかっこいいかも~と少し思いました。
連鎖ルートの流れもドラマチックでいい感じだったし。

でもでも。私はやっぱり、、、加地くんが好きなんだなぁ。
今回は加地くんは攻略対象じゃなかったんだけど、つい彼にはやさしくしたくなっちゃって…結果自然と親密度があがっています。
火原先輩と同率一位にしたけど…、やっぱり加地くんのが鼻の先差で勝ってるかも?
加地くんの声が聞きたくなって、「想い出」でEDのイベントを再度見てみたり。。。キャラソンも何度も聞いてしまったり。
あの透明感があってやさしげな声が好きみたい。「ふふっ」って笑う声が好き
一途でけなげな感じが切なくていいのです。

早く「アンコール」届かないかなぁ~。加地くんの声をもっと聞きたいっ。






本当は、柚木、加地のイベントも「難しい」モード特定イベントともう一つ、残してしまったんだけど、これは恋愛連鎖ルートでしか見られない物みたいで…
恋愛連鎖ルートは発生させられるのが一人だけなので、今回は土浦、で無理だったので、また次回。。。
でもたった一つのイベントのためにまた最初からプレイするのはきついので、適当なデータをリロードしてやってみようかと思ってます。
加地くんの声好きだから、イベント全部コンプリートしたいなぁ。

「想い出」のイベントで恋愛連鎖EDの物を見ると、最後の音声がゲーム内で聞けるのと違った物が聞けることに気づいて。一通り聞いてみました。
ゲーム内のより、少し糖度高めで萌えたっ。

「想い出」の音楽は、最後のコンサートで、目的が早めに達成されて時間が余ったので、せっせと残ってる曲を完成させて、前日でセーブして、そのデータを使って違う曲を演奏し、「クラリネット五重奏」以外は埋めました。
隠れ楽譜の「ルスランとリュドミラ」は森の広場の猫に聞かせて親密度をあげるとゲットできることを攻略サイトで知りました。難度20なので、加地くんの技術レベルあげるのに少し時間かかったけど、無事に完成しました。
この曲華やかで好きです。

恋愛連鎖ED見てないのは、志水くんのみ。
そのうちやろうかなーと思っています。
でも「アンコール」が明日頃には多分届くと思うので、そしたらそっちをやってしまうかも。
加地くんの声が早くききたいわー。

テーマ金色のコルダ
ジャンル : ゲーム

プロフィール

Yucca

Author:Yucca
アラフォー二児の母、Yuccaです。子供が寝た後にやるゲームが至福の時間。
好きなゲームは、「ドラクエシリーズ」「トルネコ不思議のダンジョン」「ゼルダの伝説」、「アトリエ」シリーズ、「牧場物語」シリーズ、「金色のコルダシリーズ」「ときメモGirl's Sideシリーズ」など。
「ときメモGSシリーズ」では姫条くん、若王子先生、琉夏がお気に入りキャラです♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
三国恋戦記~オトメの兵法!~ ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。