--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.04

【三国恋戦記】玄徳エンド

たぶん、一番のメインキャラ、玄徳のエンディングを見ました。
最後の方、ウルウル来て、切なくて…すっごくよいシナリオでした。
いままで見た二人のエンディングもそうでしたが、終盤にむけてどんどん盛り上がってクライマックス、で、エンディングを迎えるので、感動ひとしお。
結構ボリュームがあって、全部スキップしないでフルボイス聞いてプレイしたら、多分10時間とかかかるんじゃないかな?いや、もっと?
でも、戦況とか二人の置かれた立場とかが、きちんと描かれているので、恋愛に関係ない部分でも楽しめます。

キャラクター的には、優しくて頼れて、頭も良く、性格も良い玄徳は、完璧にいい人過ぎちゃって、恋愛の対象としたらものたりないかな~とも思うけど、主人公を幸せにしてくれる、ってことでは一番!!!だと思う。
誰のことも信用する仁のある玄徳、まずは誰のことも疑ってかかり誰も信用しない孟徳は、対照的。
どちらのシナリオも面白かったけど、王道ラブストーリーとしては、玄徳の方が定番!って感じで楽しめました。

まるで少女マンガのストーリーの中に入って、自分が体験したような気分になれます。
やっぱり、このゲーム面白いなぁ~
それぞれのキャラクターがホント魅力的。
服装とかも、乙女ゲーにありがちな見た目重視の綺麗で華やか、その時代にありえないような奇抜すぎるのではなく、変に女子に媚びたキャラクターじゃないのも自然でいいと思う。

以下、ネタバレ。

テーマ乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

2011.12.02

【三国恋戦記】孟徳エンド

孟徳ENDを見ました。
なかなか難しかった~。選択肢を少しでも間違うとBAD ENDにいっちゃうんだもん。
でも、このゲーム、システムが快適で、簡単に前の選択肢に戻れるのです。
だから、いちいちセーブする必要もなく、すごく楽。

主人公に優しくて甘い言葉をかけまくり、甘やかしてくれるタイプはど真ん中!なので、かなり期待してました。
ときメモGSのお気に入りは、姫条くん、若王子先生、ルカ、金色のコルダでは、火原先輩、加地くんだし。
一見、優しくて何も考えてないタイプなのに、実は深い苦悩があって…みたいなのに、弱いのです。

かなりきゅんきゅん来たし、ストーリーも長くて面白かったんだけど、いま一歩だったかも。
ギャップ萌えな私には、優しすぎてギャップの落差が足りなかったかな~と。
ネタバレになるので、詳しくは「続きを読む」で。

次は、元徳を攻略してみるつもりです。


このゲーム、ほんっとうに脚本がよく出来てます。
ちゃんと伏線まで張られていて、最後にそれがきちんと回収されている。
恋愛に関係ない部分がとても丁寧だから、キャラクターの魅力がよく伝わってくる。
よくある乙女ゲームみたいに、意味もなくラブラブなスチル、、があまりなく、それぞれちゃんと意味がある感じ。
歴史もの乙女ゲーでは、歴史は恋愛を盛り上げる設定だけに使われて、どうでもよくなっちゃってる場合が多いけど、このゲームの場合、三国志がきちんと生かされていて、そちらの物語もとっても面白い。
歴史物の中で恋愛あり、みたいな感じかな。



以下、ネタバレ。

テーマ乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

2011.11.29

【三国恋戦記】公瑾エンド

ようやく一人目、公瑾さんとのエンディングを見ました。

いや~、ときめいた!
初めて出てきた時は、まーーーったく好みではありませんでした。
見かけもあの冷静な冷たい感じも。もともとツンデレはあまり好まないし…
でも、話が進むうちに、公瑾の新たな面が少しずつ見えてきて、彼の気持ちが分かって。途中からは…最後はもう、切なくて胸がきゅん、でした。
公瑾の声って、「ときメモGS3」の琥一くんなんですが、ぜんっぜん違うタイプ。
知的で優雅で冷静…、声がぴったりハマってました。やっぱり声優さんはすごいなぁ。

最初、玄徳の好感度がMAXになってたので、そっちのルートに向かっていくのかと思ったら、途中からなぜか公瑾がどんどん好感度あがって、気づいたら公瑾エンド。
どうして、公瑾の好感度があがったのかもよく分からないうちに。
メインキャラじゃないし、あまり期待してなかったけど、かなりときめきました。展開が切なくて泣きそうでした。
乙女ゲームで泣いたのなんて、「ときメモGS3」のルカ一途ルート以来。
これじゃ、メインキャラの玄徳や孟徳を攻略したら、どんなドキドキが待ってるのか、期待が高まりました~
次は孟徳にいきたいなぁ。
でも、攻略サイトはまだ見ないでプレイするので、誰に行くかは分かりません。。

キャラクターが主人公にひかれる気持ちがよく分かる脚本だから、自然と感情移入できます。
乙女ゲーの多くは意味もなく主人公がモテモテで、どうして好かれてるのかついていけない時もあって。
それだとやっぱり、ときめきも半減。
このゲーム、かなり面白いです。

あとはネタバレで…

テーマ乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

2011.11.28

【三国恋戦記】

久しぶりの投稿。
「ときメモGS3」を久々にプレイしてルカに萌えた後は…

DSで無料ダウンロードできた「ゼルダの伝説 4つの剣」をしてました。
ゼルダのテーマミュージックが懐かしくて感動。
アクションゲームは苦手だけど、いろいろ頭使って少しずつ先に進んで、どうにかギリギリでボスを倒すあの感じ…、ファミコンを始めた頃のゲームへのワクワク感を思い出しました。
あの、ギリギリでどうにかクリア、って感覚がいいんだよね。
やっぱりゼルダシリーズは面白いな。


その後は、中古でDS「幻想水滸伝 ティアクライス」をプレイしていました。
久しぶりにRPGがやりたくなって、DSでできる面白そうなやつ~と探したら、Amazon等で評価が高かったし、安かったので買ってみました。
「幻想水滸伝」はかなり昔、友達に借りてプレイしたけどどのシリーズだったのか。
108星、仲間を集めるのは結構大変だったけど、コレクター心をくすぐって、面白かった記憶があります。

「ティアクライス」も結構面白かったけど、難易度が低くて、バトルですぐ勝てちゃうため、強い武器もあまり必要なく、クエストもそんなに難しくなくてサクサク進みすぎて、少し物足りなかったかな。
108星は、途中まで攻略サイトなしに自力でいろいろやって探してたんだけど、どーにもこーにも見つからず。
最後は攻略サイト見ちゃったので、そのせいか、おもしろさが減ってしまったかも。
武器は宝物からゲットしたものばかり使ってたので、買わないからお金も必要なくて、交易もあまりしなくて、クリア後に交易しないと本拠地のお店で売ってくれない武器があることを知り、後からそれだけやってみたりしました。

好きなキャラは、アスアド。クロデキルド様に一途で、一生懸命なのがカワイイ。
ラスボス「一なる王」を倒したメンバーは
アスアド、クロデキルド、フレデグンド、主人公、でした。

ディアドラやゼノアの敵全員を一掃する魔法が楽で、よく使ってました。
あとはヌムヌが可愛かった。オータとヌムヌの協力技がかわいい。
他にはヴァズロフが強くてよくメンバーに入れてた。
サポートメンバーはエリンばかり。

せっかく108星そろえても、ほとんど使わないキャラが多かったなぁ。とっかえひっかえ使う人もいるのかな?
いろいろ使ってみたら、ゲームの面白さも深くなったかもしれないけど、めんどくさがりの私はついつい、強く育てた同じメンバーばかり使ってしまいました。


で、今は。
「クリスマスだし~♪」ってことで、自分用クリプレとして、乙女ゲームを買いました。
「三国恋戦記~乙女の兵法!

久しぶりに乙女ゲームがやりたくて、いろいろ検索した結果、かなり評判が良かったこのゲームを選んでみました。PS2なので、気軽には出来ないけど、子供が寝た後、毎晩せっせとプレイしてます。
普通の女子高生が三国志の世界にタイムトリップ。軍師として活躍し、戦国の英雄たちと恋に落ちる…という内容。

まだ誰もクリアできてないけど、これ、かなり面白い!!
選択肢を選んでいくだけの、いわゆるノベルゲーだけど、とにかく脚本がしっかりしていて、登場人物それぞれが魅力的で、お話も面白く、小説の先が気になるみたいに、どんどん進めたくなる。
攻略対象の男性キャラたちも、性格づけが奥深くて、とても魅力的なのです。

タイトルや、上記のストーリー内容だと、一見、軟派ないかにも「乙女ゲー!」だけど、内容は意外と硬派。
「三国志」は有名なエピソードを少し知ってるだけの三国志初心者の私にも分かりやすく、多分、内容もかなり本当の三国志をしっかり踏まえて作られている感じ。
色々な地名が出てきたり難しい語句が出てくるので、その度にゲーム内の語句辞典を見て、地図で場所を確認して…とすぐ理解できる感じではないけど、これがまた本格的で三国志の世界観を壊していない。

歴史上重要な過去にタイムスリップして、主人公の力で歴史を変える…というあたりは、「遙かなる時空の中で」に似ているけど、もっと大人向きというか…
細かな展開まで丁寧に作ってあって、主人公の気持ちの変化に自然についていける。。
一部の乙女ゲームって無理矢理、いきなり恋愛に持っていく展開があったり、そのせいで辻褄が合わなかったり…そういうのがいちいち気になっちゃう私としては、このゲームはかなりいい感じ。
面白い小説やドラマをみている感じです。

今のところ、玄徳さんの好感度が最上位ですが、孟徳がかなり気になる…あとは孔明。
孟徳は若王子先生、孔明はルカの声のせいだからか?
あとは公瑾の暗い過去を背負ってそうなのも気になる。。

今回はいっさい攻略サイトを見ずに何回かやってみようと思います。
お話もなかなか長くて、やりごたえもありそう。ああ、今夜も楽しみだわ~♪

テーマ乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

プロフィール

Yucca

Author:Yucca
アラフォー二児の母、Yuccaです。子供が寝た後にやるゲームが至福の時間。
好きなゲームは、「ドラクエシリーズ」「トルネコ不思議のダンジョン」「ゼルダの伝説」、「アトリエ」シリーズ、「牧場物語」シリーズ、「金色のコルダシリーズ」「ときメモGirl's Sideシリーズ」など。
「ときメモGSシリーズ」では姫条くん、若王子先生、琉夏がお気に入りキャラです♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
三国恋戦記~オトメの兵法!~ ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。